よりよい広告を制作することで確かな利益が得られる

視認性のアップ

直接配布で視認性をアップ

紙のチラシはツールとしては非常に古くからあるものですが、現代においてもなお効果が見込める広告手法です。直接手に取らせるというのは印象付けの手段としてインパクトがありますし、放送広告などと違って保存がきくというメリットもあります。 そんなチラシをターゲットの許に確実に届ける方法がポスティングです。チラシを自宅ポストに直接投函するわけですから、街頭配布のように素通りされるというおそれがありません。 ただ、実際にポスティングを行うとなるとターゲットの家を1軒1軒回らなくてはならないので大変です。そのため、現在では専門のポスティング業者に配布を依頼するのが一般的になっています。人手を自ら確保するよりも安いコストで確実に配布してもらえるというメリットがあります。

専門業者への委託で効率性をアップ

ポスティングを行う際に課題となるのは人手の確保と業務レベルの維持です。配布の都度アルバイトを直接募集するのは手間がかかりますし、指示通りにきちんと配布を行うかどうかを管理するのも大変です。 その点ポスティング業者に依頼すれば、要員の手配や教育は業者が責任をもって行うので、安心して任せることができます。 また費用面でも割安になります。具体的な金額は業者によりまちまちですが、東京周辺の平均的な相場は無差別配布の場合1枚当たり1円〜6円程度です。1戸建てのみ、特定の町のみなど配布対象を指定する場合は少し高くて1枚当たり3円〜10円程度です。なお、小冊子など重量のあるものはもう少し高くなります。また大判のため折りが必要になる場合は、その作業費が上乗せされることがあります。